株式会社システム・ケイ
サイトマップ 会社概要
agoraZone インターネットビデオ会議 〜 メッセンジャーを使った快適ビデオ会議! 〜
TOPページ 製品情報 利用シーン 導入事例 デモ申し込み サポート お問合せ
TOPページ > サポート > FAQ

FAQ
 

Q1-01.ISDN回線を利用したTV会議システムですか?
Q1-02.ISDNのダイヤルアップ環境で使うことはできますか?
Q1-03.他のメーカーの会議システムとの連携はできますか?
Q1-04.日本語以外のクライアントソフトはありますか?
Q1-05.クライアント側で解放する必要のあるポートはありますか?
Q1-06.どのくらいの帯域が必要ですか?
Q1-07.FOMAやAirH"、@FreeDで利用することができますか?
Q1-08.無線LANで利用することができますか?
Q1-09.一部のウイルスチェックソフトが起動されている場合について
Q1-10.Linuxはサポートしていますか?
Q1-11.通信は暗号化されていますか?
Q1-12.社内LANでの利用は可能ですか?
Q1-13.Realtek HD オーディオ マイクの音量調整について
Q1-14.Windows7対応について



Q2-01.『サーバーへ接続できません。』と表示されます。
Q2-02.『このUser IDは現在使用中です。』と表示されます。
Q2-03.接続先のServer Addressを変更すると、常に自動アップデートが掛かってしまいます。



Q3-01.自分の映像が表示されません。
Q3-02.P2Pチャットで相手の映像および音声が届きません。



Q4-01.会議には何人まで参加できますか?
Q4-02.『会議利用者が多いため新たに会議室を生成することができません。』とのメッセージが表示されます。
Q4-03.自分の映像が表示されません。
Q4-04.相手の映像が映りません。
Q4-05.自分の映像の明るさや色などを調整したいのですが、どうすれば良いですか?
Q4-06.自分の音声が出ないのですが、どうしてでしょうか?
Q4-07.自分の音声をチェックしたいのですが、どうすれば良いですか?
Q4-08.自分の音声が相手に届かないのですが、どうしてでしょうか?
Q4-09.会議参加時にビデオデバイスの選択画面が表示され、そのまま会議へ参加すると自分の映像が出てきません。
Q4-10.スピーカーから自分の声がダイレクトに戻ってきます。
Q4-11.ヘッドセットを利用しているのに、自分の声が戻ってきます。
Q4-12.音声にエコーが掛かって聞こえます。
Q4-13.複数人数で会議を実施した際にノイズが発生します。
Q4-14.自分の声が聞こえます。
Q4-15.音が途切れます。
Q4-16.相手の音が割れたりします。
Q4-17.相手の息遣いがうるさいです。
Q4-18.相手の音が小さいです。
Q4-19.会議中の画像が止まります。
Q4-20.ビデオ会議以外の機能からビデオ会議に戻ったとき、相手の映像が表示されず真っ白になっています。
Q4-21.喋り始めや途中の声が聞こえません。
Q4-22.『DTSとの接続が切れました。』とのメッセージが表示されて会議が開催できません。
Q4-23.『サーバとの接続が切れました。』とのメッセージが表示されて会議が開催できません。
Q4-24.録画した映像はMPEGなどの一般的なファイル形式ですか?
Q4-25.プログラム共有の応答速度が遅いのですが。
Q4-26.最大40人とありますが、ビデオ画像も40人分表示されるのですか。
Q4-27.議決を取る(賛成/反対)機能はありますか?
Q4-28.会議中のカメラやマイクの使用許可を制御できますか?
Q4-29.作成できる会議室の数に制限はありますか?
Q4-30.会議参加者全員で会話できますか?



Q5-01.自動更新処理実行時にタイムアウトが表示され、バージョンアップされません。
Q5-02.『'ConferenceClientDLL.dll' in use. Try again ?』とメッセージが表示されます。
Q5-03.ログインしようとすると毎回バージョンアップが実行されてしまい、ログインできません。



Q6-01.ライセンス形態について教えてください。
Q6-02.クライアントのインストールは必要ですか?
Q6-03.システムのカスタマイズは可能ですか?
Q6-04.Windows XP sp2 適用後に警告ダイアログが出るようになったのですが?
Q6-05.使用するカメラに制限はありますか?
Q6-06.agoraZoneを試すことはできますか?




Q1-01. ISDN回線を利用したTV会議システムですか?
A1-01. agoraZoneはネットワークを使ったPC会議システムです。インターネット、イントラネットで使えます。

Q1-02. ISDNのダイヤルアップ環境で使うことはできますか?
A1-02. 映像と音声を使ったマルチメディアシステムのため、ADSL1.5Mbps以上を推奨します。

Q1-03. 他のメーカーの会議システムとの連携はできますか?
A1-03. 他社メーカー様の会議システムと連携はできません。

Q1-04. 日本語以外のクライアントソフトはありますか?
A1-04. クライアントソフトは、日本語版以外に英語版、韓国語版がございます。なお、これ以外の言語に対応することも可能です。詳しくは弊社までお問い合わせください。

Q1-05. クライアント側で解放する必要のあるポートはありますか?
A1-05. SPI機能の設定ができないF/Wを利用される場合は、下記内容を参考に開放設定を行ってください。

agoraZone System通信ポート

※メッセンジャーのファイル転送機能は、同一セグメント内もしくは、Global IP→Private IPのみ対応(NAT使用時)


Q1-06. どのくらいの帯域が必要ですか?
A1-06. agoraZoneで利用するデータ帯域について下記を参考にしてください。

@Video画像サイズ 1Frame辺り 4K〜16K (平均値として6.4K程度)
  ※画像に映されている色の数や配置によって圧縮率が変動します。
Aフレーム数
B参加人数
C音声サイズ 10K/秒

※計算式が、ミキシングonの場合とoffの場合とで変わってきます。下記表を参照の上、確認ください。
  ミキシングONの場合 ミキシングOFFの場合
ClientがServerへ送る帯域 @ x A + C @ x A + C
Clientが受け取る帯域 @ x A x (B - 1) + C (@ x A + C) x (B - 1)
ServerがClientへ送る帯域 @ x A x (B - 1) x B + C x B (@ x A + C)x (B - 1) x B
Serverが受け取る帯域 @ x A x B + C x B (@ x A + C) x B


Q1-07. FOMAやAirH"、@FreeDで利用することができますか?
A1-07. データ通信における回線速度が不安定であるため、実際の運用には向かないものと考えます。

Q1-08. 無線LANで利用することができますか?
A1-08. 安定した回線速度が確保できる環境においての利用であれば問題ありません。

Q1-09. 一部のウイルスチェックソフトが起動されている場合について
A1-09. 一部のウイルスチェックソフトが起動されていると、agoraZoneの自動更新が正常に動作しない現象が確認されています。例えばシマンテック社の「ノートンインターネットセキュリティー」「ノートンアンチウイルス」が起動されている環境で、agoraZoneの自動更新が動作しない場合は、あらかじめウイルスチェックソフトを一時停止しておいてから、agoraZoneの自動更新を実行するようにお願いいたします。
※agoraZoneの自動更新完了後には必ず ウイルスチェックソフトの設定を元に戻すようご注意ください。

Q1-10. Linuxはサポートしていますか?
A1-10. agoraZoneをLinuxで利用することはできません。利用可能な環境についてはこちらを参照ください。

Q1-11. 通信は暗号化されていますか?
A1-11. agoraZoneではログインパスワードの伝送を非公開キーによる暗号化を実施しています。会議中のデータ通信については、H.323ベースの独自プロトコルを利用しやり取りを行っています。なおagoraZoneに限らず、インターネットを利用するアプリケーションにおいて、セキュリティに関しての完全なる防御は難しいのが実状です。インターネット上でのセキュリティについて考慮したいユーザ様へは、VPN網や閉鎖網を利用した運用を推奨いたします。

Q1-12. 社内LANでの利用は可能ですか?
A1-12. 社内LAN上にagoraZone Serverを設置して利用することができます。

Q1-13. Realtek HD オーディオ マイクの音量調整について
A1-13. Realtek HD オーディオ が搭載されている機種では、マイクの音量調整ができない障害が発生しています。


Q1-14. Window7対応について
A1-14. Window7 32ビット版に対応しています。



Q2-01. 『サーバーへ接続できません。』と表示されます。
A2-01. ログイン画面の環境設定にある「Server Address」,「Server Port」が正しく設定されているか確認してください。その他として、下記についても確認してください。
・利用するPCがネットワークに接続されているか。
・F/Wによって、agoraZoneが使うポートが塞がれていないか。

Q2-02. 『このUser IDは現在使用中です。』と表示されます。
A2-02. 既に同一のIDで、別のユーザが使用している場合に表示されます。

Q2-03. 接続先のServer Addressを変更すると、常に自動アップデートが掛かってしまいます。
A2-03. 接続先のServer毎にClientで利用する設定ファイルが異なります。複数のagoraZone Serverへ接続する場合は、インストールフォルダをServer毎に分けて利用してください。なお、ログイン時に表示される前回利用したログインIDはPC単位に情報を保持していますので、確認の上ログインを行ってください。



Q3-01. 自分の映像が表示されません。
A3-01. まずは、接続されたカメラが正常に動作するか確認してください。ログイン画面の環境設定ボタンをクリックすると、AV Testボタンが表示されます。AV Testツールでは音声と映像の確認が行えます。このツールでも映像が映らない場合はカメラのドライバーが正常にセットアップされていない可能性があります。再度インストールを実施してみてください。

Q3-02. P2Pチャットで相手の映像および音声が届きません。
A3-02. P2Pチャットを行うPCが異なるNAT環境にある場合、映像および音声を利用することができません。このような環境間で利用する場合は、会議を作成してください。なお、テキストチャットは異なるNAT環境同士であっても利用することができます。



Q4-01. 会議には何人まで参加できますか?
A4-01. 最大40人の参加が可能です。※インターネット帯域やサーバー及びクライアントのハードウェアの性能などご使用環境により参加人数に制限が発生致します。

Q4-02. 『会議利用者が多いため新たに会議室を生成することができません。』とのメッセージが表示されます。
A4-02. 会議利用者数の上限を超えた場合もしくは予約人数が上限を超えた場合に表示されます。時間をずらして会議を実施もしくは予約してください。

Q4-03. 自分の映像が表示されません。
A4-03. まずは、接続されたカメラが正常に動作するか確認してください。ログイン画面の環境設定ボタンをクリックすると、AV Testボタンが表示されます。AV Testツールでは音声と映像の確認が行えます。このツールでも映像が映らない場合はカメラのドライバーが正常にセットアップされていない可能性があります。再度インストールを実施してみてください。

Q4-04. 相手の映像が映りません。
A4-04. 自分の映像は映るが、相手の画像が映らない場合、F/WでagoraZoneが利用するポートが塞がれていないか確認してください。

Q4-05. 自分の映像の明るさや色などを調整したいのですが、どうすれば良いですか?
A4-05. ログイン画面のAV TESTボタンから映像デバイス画面の「Source」を実行することにより、各種設定が可能です。(設定できる内容はカメラ機種によって異なります)

Q4-06. 自分の音声が出ないのですが、どうしてでしょうか?
A4-06. マイクが正しく接続されていないか、マイクが壊れている可能性があります。ログイン画面のAV TESTから音声が正常に拾えているか確認してください。

Q4-07. 自分の音声をチェックしたいのですが、どうすれば良いですか?
A4-07. ログイン画面のAV TESTボタンから音声デバイス画面の「Record」を実行することにより、音量を確認することが可能です。

Q4-08. 自分の音声が相手に届かないのですが、どうしてでしょうか?
A4-08. 発言権が許可されているかどうか、確認してください。もしくは、F/WでagoraZoneが利用するポートが塞がれていないか確認してください。

Q4-09. 会議参加時にビデオデバイスの選択画面が表示され、そのまま会議へ参加すると自分の映像が出てきません。
A4-09. 1つのビデオデバイスは、複数のソフトで共有することができません。ビデオデバイスを掴んでいるソフトウエアを終了してください。

Q4-10. スピーカーから自分の声がダイレクトに戻ってきます。
A4-10. 音量のプロパティ画面にて「マイク」の項目を確認してください。「ミュート」というチェックボックスが外れていると、マイクからの入力がダイレクトにスピーカーへ出力されてしまいます。

Q4-11. ヘッドセットを利用しているのに、自分の声が戻ってきます。
A4-11. Mixer機能が働いている場合があります。録音コントロールのプロパティにてマイクのみを選択してください。

Q4-12. 音声にエコーが掛かって聞こえます。
A4-12. 音量を大きくしている場合に発生することがあるようです。再生音量を下げることで対処できます。

Q4-13. 複数人数で会議を実施した際にノイズが発生します。
A4-13. オーディオのチューニングができていないユーザが存在している場合があります。会議のリーダが操作し、発言権が許可になっているユーザを全てOFFにし、順番にONにしてみてください。オーディオのチューニングができていないユーザを確認することができます。問題のユーザを特定したら、そのPCの設定を調整してみてください。録音のプロパティの調整以外に、マイクを変更してみるとか、別のPCで接続してみてください。

Q4-14. 自分の声が聞こえます。
A4-14. 同じフロアにて同じ会議に参加しているユーザのマイクから音を拾ってしまう場合があります。離れた位置で使用するか、音を拾わないようにマイクの向きを変えてみてください。また、ボリュームコントロール(再生)のマイクがミュートになっていない場合、自分の声がそのまま聞こえてしまいます。ボリュームコントロールを開いてマイクのミュートにチェックを付けるようにしてください。

Q4-15. 音が途切れます。
A4-15. PC上でagoraZone以外のアプリケーションが動作することによって、プチプチと音が途切れる場合があります。

Q4-16. 相手の音が割れたりします。
A4-16. 相手のPCにてマイクブースト機能が有効になっている場合があります。録音のプロパティにてトーン設定画面を表示すると、マイクブースト機能のチェックボックスが表示されます。もし、チェックが付いている場合は、外してください。マイクブースト機能を利用しなければ音が小さいという場合は、別のマイクに交換することをお勧めいたします。なお、マイクブーストの下にある代替マイクのチェックも不要です。

Q4-17. 相手の息遣いがうるさいです。
A4-17. 相手のマイクを近付けすぎている場合は、少し離して利用してください。

Q4-18. 相手の音が小さいです。
A4-18. 相手のマイクを近付けてみるか、角度を変えて利用してください。

Q4-19. 会議中の画像が止まります。
A4-19. 同時会議利用者数が多くなると、帯域を確保するためにサーバが自動的にフレームレートを下げます。同時会議利用者数が減ると、フレームレートは元に戻ります。

Q4-20. ビデオ会議以外の機能からビデオ会議に戻ったとき、相手の映像が表示されず真っ白になっています。
A4-20. 相手が映像配信を停止している場合に起こります。映像配信を再開すると表示されます。

Q4-21. 喋り始めや途中の声が聞こえません。
A4-21. 無音圧縮処理が機能していると、喋り始めの声や小さく喋った声が聞こえない場合があります。この様な場合は、Silence Comp.のスライダーを左の位置に戻してください。無音圧縮処理は連続して雑音が発生している環境にて使用する場合に利用してください。

Q4-22. 『DTSとの接続が切れました。』とのメッセージが表示されて会議が開催できません。
A4-22. 会議開催中にこのメッセージが表示された場合は、システム管理者もしくは弊社までお問い合わせください。

Q4-23. 『サーバとの接続が切れました。』とのメッセージが表示されて会議が開催できません。
A4-23. サーバとの通信が行えなくなっている場合に表示されます。ネットワークが正常に利用できることを確認してください。利用するネットワークに問題が無い場合、システム管理者もしくは弊社までお問い合わせください。

Q4-24. 録画した映像はMPEGなどの一般的なファイル形式ですか?
A4-24. 録画した映像や画像は、agoraZone独自のファイル形式を採用しているため、専用のビューアーで再生が可能です。

Q4-25. プログラム共有の応答速度が遅いのですが。
A4-25. プログラム共有の遅延についてですが、これは優先制御の処理速度に関係しています。プログラム共有に限らずagoraZoneの色々な機能においても、音声データを最優先とし処理を行っております。この優先処理を行わずに、画面描画に特化して高速化することは可能ですが、操作するごとに、あるいは画面の表示が変化するごとに音声が途切れてしまうことになり、会議そのものの進行に支障をきたしてしまいます。現在、処理の最適化などで速度的改善が図れるよう改良を行っております。

Q4-26. 最大40人とありますが、ビデオ画像も40人分表示されるのですか。
A4-26. 表示可能なビデオ画面数はクライアントPCの画面解像度に依存します。XGA(1024*768)サイズであれば最大15名分の同時表示が可能です。1画面内に表示しきれない画像は、スクロールボタンにて表示させることができます。

Q4-27. 議決を取る(賛成/反対)機能はありますか?
A4-27. 無記名のアンケート機能がございます。こちらを利用することが可能です。

Q4-28. 会議中のカメラやマイクの使用許可を制御できますか?
A4-28. 自分自身のカメラやマイクのOn/Offはボタン操作により簡単に行えます。ただし、リーダーが使用権限を許可(On)にしなければ、自身の機能をOnにしても有効にはなりません。リーダーは全ての会議参加者のカメラやマイクの使用許可を制御(On/Off)することができます。

Q4-29. 作成できる会議室の数に制限はありますか?
A4-29. 同時会議利用人数の合計がライセンス数を越えない限り、会議作成が可能です。例えば、20User版を利用した場合、最大10部屋(2名x10部屋)を同時に開催することが可能です。

Q4-30. 会議参加者全員で会話できますか?
A4-30. システムでは最大通話可能人数、およびカメラ使用可能人数の制限を掛けていません。agoraZoneの会議はクライアントPCのスペックや回線スピードに依存します。Pentium4 2GHzクラスのPCを利用した場合、ビデオ・マイクを有効(ON)にした状態でビデオ会議やプログラム共有機能を利用する場合、10名の同時利用が可能です。多人数での会議利用の場合、機能有効とするカメラの数やマイクの数を減らすことで、利用可能になります。

※PC上で稼動するアプリケーションやネットワーク負荷状況によって、快適に利用できる数は変動します。
  音声が途切れがちになる場合、発言権を与える人数を減らすことで回避されやすくなります



Q5-01. 自動更新処理実行時にタイムアウトが表示され、バージョンアップされません。
A5-01. ログイン画面の環境設定にあるPASV Modeにチェックを入れて、再度ログイン処理を行ってください。

Q5-02. 『'ConferenceClientDLL.dll' in use. Try again ?』とメッセージが表示されます。
A5-02. 同時に起動されているClientがあると表示されます。タスクトレイにagoraZoneのアイコンが存在していないか確認してください。存在する場合は終了させてから、再度ログイン処理をおこなってください。

Q5-03. ログインしようとすると毎回バージョンアップが実行されてしまい、ログインできません。
A5-03. クライアントソフトのフォルダとファイルをすべて削除して、再度、インストールを実行してください。



Q6-01. 製品のライセンス形態について教えてください。
A6-01. agoraZoneは同時に会議利用可能なのが何名までかという制限を設けたライセンスで販売しています。例えば、10User版を導入した場合、同じ時間帯に合計10名まで会議利用が可能です。10名の1会議でも2名の5会議でもOK。時間帯をずらすことで、別の10名が会議を行うこともできます。例えば、社員100名様の場合100名様分のパソコンにagoraZoneソフトをインストールすることができますが、会議は10名で行うことになります。クライアントはフリーライセンスです。P2Pチャットやメッセージ送信など会議以外であれば自由にご利用いただけます。

Q6-02. クライアントのインストールは必要ですか?
A6-02. 一番初めに利用する際にはagoraZone Clientパッケージをインストールする必要があります。なお、その後システムがバージョンアップした場合は自動更新にて常に最新バージョンを利用することが可能です。

Q6-03. システムのカスタマイズは可能ですか?
A6-03. 可能です。詳しくは弊社までお問い合わせください。

Q6-04. Windows XP sp2 適用後に警告ダイアログが出るようになったのですが?
A6-04.
Windows XP SP2適用後のagoraZoen利用について
Windows XP SP2ではセキュリティ強化機能が搭載され、Windowsファイアウォール機能が追加されました。このファイアウォール機能により、外部から接続される通信に対しては警告(図1)が表示されます。Windows XP SP2適用後にagoraZoneの会議もしくはP2Pチャットを利用する際、セキュリティに関する警告ダイアログが表示されるので、『ブロックを解除する』ボタンを押し、agoraZoneをWindowsファイアウォール機能のブロック対象の例外として登録してください。


図1 Windowsファイヤーウォールによる警告ダイアログ


なお、例外として登録されているかどうかは、コントロールパネルのWindowsファイアウォールにて確認(図2)することができます。先の警告が表示されなかった場合や、後から登録しようとした場合、こちらの画面で追加することができます。例外として登録を行う場合、agoraZone ClientがインストールされているフォルダにあるConferenceClient.exeを例外プログラムとして登録してください。
※標準セットアップではC:\Program Files\agoraZone\ConferenceClient.exeです

図2 Windowsファイヤーウォールの例外設定画面

Q6-05. 使用するUSBカメラに制限はありますか?
A6-05. agoraZoneが対応しているビデオフォーマットは『RGB24』のみとなります。

Q6-06. agoraZoneを試すことはできますか?
A6-06. 弊社デモサイトにて試用することが可能です。
Copyright 2003-2004 All rights reserved by 株式会社システム・ケイ